FC2ブログ
【二つのピアノ】  音楽は夢と憧れ!
早良区の 「音の実」 ピアノ音楽教室。  小山実稚恵さんの 「後援会」 のようなものを運営し、12年間24回シリーズの「音の旅」を主催し応援しています。


プロフィール

otonomi

Author:otonomi
【音の実】 ピアノ音楽教室
814-0161
福岡市早良区飯倉8-4-22
連絡先:090-8408-6650



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



時計



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



御来訪者

御来訪ありがとう



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】 佐村河内守
2013/5/5

 聴覚障害を持つ方への情報伝達手段として、要約筆記ボランティアをやっている関係から、

先日3月31日に NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】 で紹介された 

佐村河内守 (サムラゴウチ マモル) さんについての原稿を、

その団体の機関誌向けに書いて欲しいとの依頼がありました。

 佐村河内守さんは、後天的聴覚喪失者なので、聴覚を失う前に既に絶対音感を身に付け

脳内で作曲でき、またベートーヴェンの時代とは違って、コンピューターでの作曲ソフトも

あるので、私の息子のような先天的聴覚喪失者とは前提条件が異なります。

 先だって健常者である別の作曲家がNHKで作曲の状況を説明していましたが、脳内で

自分が書いたスコアの通りオーケストラの音が鳴るそうで、「それが当然でしょう」と

話されていました。

 ベートーヴェンが完全に聴力を失ってからあれだけ豊かで複雑でそして素晴らしい

数多くの交響曲第9番も含む楽曲を作曲できたので、後天的聴力喪失者だったからだと

思います。

 ベートーヴェンがピアノから歯に咥えた棒に伝わる振動を頼りにして作曲したように

佐村河内守さんは、スピーカーから出る音を指で振動として捉えて作曲しているとのこと。

ベートーヴェンの頃はスピーカーさえ無かったのですから余程恵まれた環境です。

 佐村河内守さんが、「HIROSHIMA」 や 「REQUIEM」 など時代を反映した素晴らしい

楽曲を作曲されていることには敬意を評しますが、聴覚障害者故に持て囃されるのであれば

少し違和感を持ってしまいます。

     *************************

【You Tube】より関連映像


   NHKより番宣映像 障害が強調されたプロモーション映像です。



   シャコンヌ 極めてバッハ的 イザイの影響も・・・



   2013/2/25 東京芸術劇場で行われる佐村河内守作曲 交響曲第1番
    ≪HIROSHIMA≫全曲特別演奏会に向けたインタビュー。


   佐村河内 守作曲 交響曲第1番 第3楽章より



    (何故か第3楽章しか You Tube にありません)
   演奏:広島交響楽団 指揮:秋山和慶 2008年9月1日


NHKスペシャル 【魂の旋律 ~音を失った作曲家~】について書かれた他のブログ
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-3018.html




 
スポンサーサイト

テーマ:聴覚障害者 - ジャンル:福祉・ボランティア




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。